さまよいの果て波は寄せる

アーティスト松任谷由実
作詞松任谷由実
作曲松任谷由実
泣いてかけてゆけばそこに きらめく海原
けれど受け入れはしなかった私の弱さを
沖をすべってゆく船と 足もとで遊ぶ犬と
風を切る鳥たちだけ 自由だった

夢中になれる何かが 明日へいざない
いつしか遠く旅したと あなたに告げる

いつも悩みをたずさえて 潮騒をきいた
けれど答えは得られぬまま朝焼けは終る
銀の雲間から差し込む光いくすじも見とれ
冬の日の冷たさを忘れてた

消えてゆかないくやしさが 私を導き
気づけばここへ来ていたと笑っていえる

言葉にない愛の 透き通る手紙を
海はよせてくれる 波にのせて

ああ 失うものはもうなんにもなくて
心静かな私がはじめて見える

夢中になれる何かがどこまでも導き
いつしか遠く旅したとこの海に立ち告げよう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加