幸せの種

アーティスト高橋直純
作詞Naozumi Takahashi
作曲Naozumi Takahashi, Nonaka MASA Yuichi
ひとりきりで吐いた溜息に押し出され
やるせなさの黒い涙 溢れてしまってたんだ
届けられた声は受話器から聞こえてる
そこに形ないけれども心を温められた
見えないものがあると気づいたよ
こんなにも頑張ってる君の声その想いが鳴り響いて
音符のように小さなハネで いっぱい風を溜め込んで飛ぼう
たとえそれが目に見えなくて 僕らが見失ってしまっても
いつかきっと芽を出して 花咲かせる 幸せの種

冬のように凍る 大地に手をついたら
聞こえてきたその呼吸が太陽に向かっていた
過去も未来も今ここから繋がってる
いつか芽吹くその時まで 力を体に貯めて
蹲っても無駄にしたくない
小さくて動けない今だから 出来ることが絶対ある
誰もが持ってるその種は 色んな音を奏でられるのさ
短い日も長い日もある 高い日も低い日もあるものさ
だけどそれがたったひとつの 僕だけの歌

ひとりじゃ出来ないよ・・・ひとりじゃないんだよ
でも ひとりとひとり・・・だから 絆 結ぼう・・・

どんな大きな奇跡だって 小さな種から生まれてくるよ
ひとつひとつが手を繋いで 奏でるメロディ生まれてくるよ
音符のように小さなハネで いっぱい風を溜め込んで飛ぼう
たとえそれが目に見えなくて 僕らが見失ってしまっても
いつかきっと芽を出して 花咲かせる 幸せの種

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加