彼が去れば

アーティストK DUB SHINE
作詞K.Kagami
作曲I.Sakagami
あれは あれは 誰だ 誰だ
彼が 彼が 去れば 去れば

誰もが人間の中に潜む悪魔にのっとられる今
またたくま またやつらの標的になる ここ無差別攻撃に会う
すでに戦場と化したあの都市 平和なあの頃 もうまぼろし
妊婦とか ピンプとか 神父とか 人種とか すでに無関係 貧富の差
この人間達を守る価値 考えるヒマなく 燃える街
一瞬で広がる はんぱない炎と ビルも崩れて はんぱない物音
戻ろうとしたって 道も消え 探しに行けない 君の家
オレ こんな姿にした恨みに 会いに生きるために裏切り

正体不明の集団による爆破
またコメンテイタ― 宗教学者の仕事を増やし 売るマスメディア
まるでバクテリア それはかつて見た 悪魔の世界が 待っていた
今 光失う 闇の恐怖 へ理屈並べる大学教授
誰もが共有 悲惨な境遇 罪正当化するには不十分
誘惑 空気の中の浮遊物 甘いささやき やたらに 働き
奪う輝き またらしい 新しい仲間に 誰かなったらいい
自分の中の 悪魔と天使 殺してまでも闘う戦士

残忍な手口 殺しのテクニック 理屈とは別に 自然のせつり
無惨な姿 ちぎれた翼 昔からうわさ 仕事の上手さ
冷酷な態度 ジキルとハイド 毎回最後に くそえげつないの
良心や罪悪感を排除 体は魂の抜けきった 廃墟
神の配慮も何も皆無だ 全て滅びてく すでにタイムアップ
転がる死体 不毛地帯 毒ガスのせいで 頭も痛い
燃えるように熱くなった額 今さら不可能な期待
神の存在に 半信半疑 あきらめと同時に 安心感じ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加