Snow Crystals

アーティストlecca
作詞lecca
作曲lecca
ひらいた手のひらの熱に溶けてゆくSnow Crystals
誰かじゃないあなたを触れたくて ふるえてるフリした
たとえ溶けて 全て消えてしまっても あなたといたい
ゆるされる限り いつまでもそばにいるよ

必要じゃなくても慣れてた日常を変えようって
思えたのは君が放つ熱に当てられたから、進めそう
この恋かなわなくても かつての日々にはもどらない
「誰か 檻から出してよ」 助けを呼ぶことももうない

手をのばせば君に届きそうだけど、まだ
こわくてふみこめなくて 風のまま踊った
触れた瞬間から私の全ては変わりつくしてしまいそう
くれたのは明日も見えない、熱に浮かされたようなHeart&Soul

誰かを好きになることでこんなにも強くなれるなんて
それでも誰かの一言で逆に弱くもなるなんて
そういえばもう忘れてた 恋に落ちる時は炎ゆれてた
すぐさま会いにゆければ 走り出すほど心は上がってた
「こわせばいい」 守り続けるような毎日と
固く凍りついた雪のような殻に包まれた自分を
熱のかたまりみたいな君に会えたから全て変わったよ
時は無限じゃないから感じていたい あつい熱もふるえる想いも

wow...

手をのばせば君に届きそうだけど、まだ
こわくてふみこめなくて 風のまま踊った
触れた瞬間から私の全ては変わりつくしてしまいそう
くれたのは明日も見えない、熱に浮かされたようなHeart&Soul

届いたあとはきっと息も吸えないで
ほどいた指も力込められず渡した
雪の結晶はその形変えてそれでもそこに飛び込むんだ
このために生まれた、って思えるから全て投げ出してゆくんだ

手をのばせば君に届きそうだけど、まだ
こわくてふみこめなくて 風のまま踊った
触れた瞬間から私の全ては変わりつくしてしまいそう
くれたのは明日も見えない、熱に浮かされたようなHeart&Soul

溶かしてくれるの 私を
こわしてしまうなら あなたと
あと少しでも素直になれたら
その時 きみに言えるだろう 愛してる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加