東京紅葉 (アルバムバージョン)

アーティスト野狐禅, 江川ゲンタ
作詞竹原ピストル
作曲竹原ピストル
近頃 君の夢ばっか見て 寝起きどうも切ないから
近頃 俺 いっそ寝んのやめた
目ん玉血走って 若干よろめきながら
狭っ苦しいラーメン屋につづく だだっ広い大通り 傘の先っぽでつついております

どうにかこうにか ちょっといいとこ見せたい訳だが
いかんせんヘタレ ようやく見据えた未来さえ
ご丁寧にてめえで勝手に セピア色にしちまう体たらく
ポツポツ降り出して いよいよ惨めです・・・・

灰色の空に向かって ややガン飛ばし気味の角度で鋭く硬直する一輪の花の姿に
何故か強烈な嫉妬を覚え 大人気なくそいつを思い切り踏んづけてやれば
感情のかけらもないBB弾みたいな冷たい雨は
この軟弱な36.5度の情熱を蜂の巣にせんばかりだ
気でも違ったか 己に往復ビンタ 秋でもないのに頬に赤い紅葉

近頃 君の夢ばっか見て 寝起きどうも切ないから
近頃 俺 いっそ寝んのやめた
したたかに酔って 大いによろめきながら
しつこい悪友ようやく振り切り 無駄に明るい繁華街 千鳥足で踏んづけております

「分かってんならさっさと直しなさいよ」と
ぼちぼち限界か 何処からともなく君の声
三日月の如き前傾姿勢で"お好み焼き"二つ
いよいよ惨めです・・・・

重ねれば重ねるほど 薄っぺらになっていく その不可解さに首を傾けながらも
愚乱愚乱の週末の夜に 今更 後には退けんと 半ばやけっぱちに夢をぶっ放せば
改札口を中心にとぐろを巻く 激烈な時の流れは
この軟弱な365日の叫びを粉々にかき消さんばかりだ
気でも違ったか 己に往復ビンタ 秋でもないのに頬に赤い紅葉

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加