リルカの葬列

アーティスト筋肉少女帯
作詞大槻ケンヂ
作曲大槻ケンヂ, KING-SHOW
リルカ
リルカの葬列は
青くよく晴れた空の下
僕はつまづいたふりをした
リルカ みんな笑ってくれたよ
泣きながらね

ただひとつ僕に幸せがあるなら
リルカと二人で抱き合えたあの日さ
細い君の腰 抱けば腕が余り
こっそり背中であやとりをしたのさ
僕はクスクスと笑った
君は不思議そな顔した

真面目な時にね
ふざけてみせるのは
悪い癖だから
やめてちょうだいよね
君はプリプリと怒った
僕はクスクスと笑った

リルカ
リルカの葬列は
ポッカリ浮かんだ雲の影に
僕はわざとクシャミをしてみた
リルカ みんな笑ってくれたよ
泣きながらね

ああ 葬列は
芥子の咲く丘をのぼるよ
ああ できるだけ
リルカ空へ近づくように

(台詞)
愛するものが死んだ時には
自殺しなけあなりません
それでも
なほもながらふことともなったら
喜び過ぎず悲しみ過ぎず
テムポ正しく 握手をしませう

リルカ
リルカの葬列は
ふいに降り出した雨に濡れ
僕はズブ濡れになってみた
リルカ みんな笑ってくれたよ
さようなら

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加