ロックスター

アーティストGalileo Galilei
作詞尾崎雄貴
作曲尾崎雄貴
青い春の色に染まり宇宙について考える
えっとそれは君を夢を大事に出来るかってこと
抱え込んでかき消してこれくらいなら耐えられるよ
消し粕は張子みたいなスカスカの時間に流された

言葉は一人歩いて弱音に転んでいく
振りまわした白旗が君の目に映るはずもないや

ロックスター 青臭い匂い
ステージの上にいない僕らは
ロックスター 目に焼きついた
君の姿を信じていたいよ

逆らうかもしれないから巣立ちの朝の準備して
せめてギターとそれから君の歌を持っていくよ

つま先も見えない日々 泥にまみれた道さえも
愛して歌った君に僕の声が届くように

落ち着かない足が重なって離れた
走り出したその先を想い描いていた

ロックスター 歪んだ音
ステージの上にのぼる僕らは
ロックスター 目に焼きついた
風景を見渡して

ロックスター タンバリンを持って
ステージの上で祈る僕らは
ロックスター 目に焼きついた
自分の姿信じていたいよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加