プラトニック ~あと1センチ傘が寄ったら~

アーティスト吉田栄作
作詞有賀啓雄
作曲有賀啓雄
やぶれたシューズが波で冷たいよ
君の弱い視線が僕を通りぬけた
始めて会ったときと同じ海にいるのに
なぜ君はこの場所を思い出そうとするのだろう

あと1センチ傘が寄ったら
僕は君を送ってしまうよ
さよならだね そう告げたとき
君の傘は少しづつ傾いた

なにげないひと言が君を変えてゆく
なにげないしぐさが僕をまよわせる
おたがいがおたがいを まだ好きでいるから
友だちにもどれない
恋が本当に終ってゆく

あと1センチ傘が寄ったら
僕は君を送ってしまうよ
さよならだね そう告げたとき
君の傘は少しづつ傾いた

雨が僕の気持ち変えても
君はずっと気が付かないでいて
さよならだね そう告げたとき
君は少し微笑んだのはなぜ
ラララ・・・・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加