春風

アーティスト米倉千尋
作詞米倉千尋
作曲米倉千尋
くたびれた背中と背中 寄せ合う快速電車
揺られながら それぞれの家路を急ぐ人たち

つり革につかまって 昨夜見つけた写真 見ていた
一面に咲く桜の下 無邪気な笑顔が幸せそうに並んでる

車窓から見える都会の景色が ふいに優しく思えた

ラララ・・・ ペダルをこいで
駅からの道を今日は 遠回りしながら帰ろう
陽だまりの場所を探して 小さな希望と鞄を乗せて走ってゆこう

この道も町の音も だいぶ変わってしまったなぁ
いつの間にか大人になって そう思うだけなのかもしれない

流れてく時間の中で あの頃をどこかに忘れてく
遠い街へと旅立つ君に 手を振り続けながら恋だと気づいたことも

桜の花びら舞い散る ―薫りに― 胸の奥 温かくなった

ラララ・・・ 夜空を見上げて
駅からの道を今日は 少しだけゆっくり帰ろう
柔らかな想い出咲く 淡い初恋色の道に春風吹いた

ラララ・・・ ペダルをこいで
駅からの道を今日は 遠回りしながら帰ろう
陽だまりの場所を探して 小さな希望と鞄を乗せて走ってゆこう

鼻歌を歌って 駅からの道を今日は 少しだけゆっくり帰ろう
柔らかな想い出咲く 淡い初恋色の道に春風吹いた

ラララ・・・ ラララ・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加